オルニチンの摂取で身体にどう影響するのかを徹底検証

オルニチンの摂取で身体にどう影響するのか

脂肪肝とオルニチンの関係性

オルニチン,脂肪肝

肝臓は体内に入ってくる糖やたんぱく質、脂肪などを分解します。
そうすることによって、体内で利用できるように変換し蓄えるという働きをします。

 

これらは身体を動かすエネルギーとして使われます。
しかし脂肪分を多く摂りすぎると、中性脂肪となって肝臓に蓄積されてしまいます。
その結果、脂肪肝になってしまうのです。

脂肪肝に良いとされる成分とは

そこで、積極的に取り入れたいのがオルニチンです。
脂肪肝に良いとされる栄養素は、

  • オルニチン
  • タウリン
  • 不飽和脂肪酸
  • ビタミン

などがあげられます。

オルニチンが脂肪肝改善にいい理由は3つ

中でもオルニチンは、脂肪肝を改善するには積極的に取り入れたい栄養素の一つです。
なぜならオルニチンは、

肝臓の働きをサポートをしてくれる

肝機能を改善してくれる

また肝臓の代謝を良くする栄養素である

といったことが、大きな理由になります。
オルニチンと脂肪肝の関係は、改善や予防に最適と言えます。

脂肪蓄積を抑えるオルニチンの働き

オルニチン,脂肪肝

オルニチンは、人間の身体に必要なアミノ酸の一種です。
一般的なアミノ酸と言えば、たんぱく質に存在しているものです。
一方でオルニチンは血液の中に溶け込んでいる「遊離アミノ酸」の一つです。

オルニチンの体内での働き

オルニチンは、体内に取り入れると腸内で吸収されます。
その後、肝臓や他の臓器へと移行します。

 

肝臓では、尿素回路とも呼ばれている「オルニチンサイクル」の一部として働きます。
ここでは肝臓内でアンモニアを解毒する作用の一部を担っています。

 

アンモニア自体が、エネルギーを生み出すのを妨害するので、解毒する必要性があります。
オルニチンは、そのサイクルを活発にし、肝臓の機能を正常化するのです。

 

アンモニアを無毒化することで、エネルギーを生産しやすくなります。
このようにして脂肪が蓄積されるのを防止することになるのです。

オルニチンと脂肪肝の関係が、深いことが分かるでしょう。

肝機能の正常化から脂肪肝の予防へ

オルニチン,脂肪肝

アンモニアは身体に溜まってしまうと、疲労感を感じます。
さらに蓄積が過剰になった場合、脳へ悪影響を及ぼす大変危険な物質です。

 

オルニチンを摂取すると、オルニチンサイクルを活性化できます。
そうすると毒素であるアンモニアを分解し排出してくれます。
そのためオルニチンは、普段から積極的に摂り入れたい栄養素であるといえます。

 

またオルニチンを摂取することで、脂肪などの栄養素を身体が吸収しやすい物質に分解してくれます。
肝臓の代謝機能を高め、中性脂肪を分解する働きがあるからです。

疲れた肝臓を改善する方法は

まずは食生活の改善や生活習慣の見直しましょう。
それと同時にオルニチンを摂取して、肝臓機能の向上を計ると良いでしょう。

  • 睡眠不足
  • 暴飲暴食
  • ストレス
  • 薬の摂取

などで肝臓は疲労していきます。
オルニチンと脂肪肝のつながりを理解し、疲れた肝臓をいたわりましょう。

 

オルニチンサプリ

>>成分と効果を比較!オルニチンサプリの詳細はこちら<<