オルニチンと他の成分の違い!オルニチンとシトルリンはどっちが肝臓に効果的?

オルニチンとシトルリンはどっちが肝臓に効果的?

肝機能の回復にはオルニチン?シトルリン?

オルニチン,シトルリン,違い

 

飲み会などが続くと、肝臓に大きな負荷がかかります。
それが続くと、次第に肝臓の機能は低下してきます。

 

肝臓の機能低下は気が付かないことも多いので注意が必要です。
下手をすると知らず知らずのうちに肝臓の病気が進行していることも。
そのため、少しでも早めに肝機能の回復を図っておきたいところです。

 

肝機能の回復にはオルニチンとシトルリンのどちらを利用すればいいのか?

オルニチンもシトルリンも肝機能の回復に役立つと言われています。

では、どちらをサプリメントなどで摂取したほうがいいのでしょうか。

 

よく「どちらも同じようなもの」という方がいます。
しかしこれら2つの成分には違いがあり、身体への効果も変わってきます。
より的確な成分を摂取することで肝臓の健康を長く保つようにしましょう。

シトルリンとオルニチンの違い

オルニチン,シトルリン,違い

 

シトルリンとはスイカから発見されたアミノ酸の一種です。
一酸化窒素の生産を促すことで血管を拡張させ、血流を改善する力を持っています。
またむくみや冷え性の解消にも役立つと言われており、女性のおすすめの成分です。

シトルリンは肝臓の中でアンモニアの分解を促す

 

私たちは運動や日常生活の中で、疲労を感じるとアンモニアを作り出します。
肝機能が正常であれば、これをスムーズに分解し排出することが出来ます。
しかし、肝機能が弱っていると分解が上手くいかなくなります。

 

シトルリンもオルニチンもオルニチンサイクルに組み込まれる成分です。
シトルリンはそんな肝機能をサポートしてくれることから、肝機能の回復に役立つと言われています。

 

オルニチンで肝機能活性化させましょう!

オルニチン,シトルリン,違い

 

オルニチンはしじみに含まれることで有名な成分です。
シトルリンと同様にアンモニアの分解を助けて肝臓の機能を保護してくれます。

 

オルニチンの効果はオルニチンサイクルの活性化にある

 

オルニチンサイクルの活性化という観点ではオルニチンの方が効果が高い、という意見もあります。
肝臓が活性化することで、代謝アップや解毒効果などにつながります。

 

実際にシトルリンのサプリメントよりも、オルニチンのサプリメントの方が商品の数が多いのです。

 

しかしどちらも肝機能に効果があるのは事実です。
あえてどちらが優秀と決着をつける必要はないのかもしれません。

 

オルニチンとシトルリンの2成分を配合したサプリメントや、複数のサプリメントを摂取することで両成分を摂取して、より強力に肝機能を保護してあげればいいわけです。

 

肝機能の回復は疲労回復にもつながります。
飲み会が続いたりで肝臓が弱っていると感じれば、サプリメントなどで効率的に摂取し、機能回復を心がけましょう。

 

オルニチンサプリ

>>成分と効果を比較!オルニチンサプリの詳細はこちら<<