オルニチンが身体に必要な成分である理由!アンモニアを分解する効果にある

MENU

みんな勘違いしてる?オルニチンがアンモニアに働く、その効果とは

肝臓の中にあるアンモニアが、身体の不調の原因かもしれません

オルニチン,効果,アンモニア

「最近、体の疲れが抜けにくいし、二日酔いもひどくなった気がするけど、年齢のせいかな?」
と考えていらっしゃる方、もしかすると肝臓が疲労しているサインかもしれません。

 

肝臓は体内の化学工場と呼ばれ、非常に重要な役割を担っています。
不調があっても最後まで黙々と仕事をする姿から「沈黙の臓器」とも呼ばれています。

 

それだけに問題を見つけるのが遅くなり易く、分かった時には手遅れ・・ということもあります。
そのため普段から肝臓を労わって大切にケアすることが重要です。

 

そんな肝臓の機能は大きく、

  • アンモニアやアルコールなどの解毒
  • エネルギーを生成する代謝
  • 脂肪消化を促す胆汁生成

の3つが挙げられます。

 

最近は「肝臓機能を改善する」と記載された製品が多くありますが、実は成分ごとに働きかける対象が異なります。ここでは、疲労回復につながる機能に働きかける、オルニチンをご紹介したいと思います。

 

オルニチンがアンモニアを分解、解毒する効果を持っています

オルニチン,効果,アンモニア

肝細胞の中にあるミトコンドリアという器官では、

アンモニアの分解を行う尿素(オルニチン)回路

燃料(ATP)を作り出すTCA回路

という2つの回路が働いています。

 

作り出された燃料(ATP)によって、さらにエネルギー(ブドウ糖)が合成されます。
こうして私たちの体や脳は、元気に活動することができるのです。

オルニチンでアンモニアを分解して解毒する

アンモニアは私たちが食事をすると必ず生み出されるものです。
このアンモニアは、TCA回路を阻害するなどの悪影響をもたらします。
そのため、尿素(オルニチン)回路で無毒な尿に変えて体外へ排出しなければなりません。

 

そこでオルニチンを摂取することにより、この尿素回路が活発化を促します。
アンモニアの分解を促進することができ、阻害されていたTCA回路とエネルギーの生成がどんどんと行われるようになります。

 

つまりオルニチンによって、解毒という肝機能を助け、間接的にエネルギー不足からくる疲労回復に役立つと言えるのです。

 

オルニチンはアンモニアから肝臓機能を守る役割をします

オルニチン,効果,アンモニア

肝臓の機能の1つに有害な物質の分解があることは既に説明をしました。
でもここで誤解がないように、申し上げなければならないことがあります。

 

それはまず、アンモニアの分解は尿素(オルニチン)回路が行うということ。
しかしアルコールの分解は、アルコール分解酵素によって行われるということです。

 

お酒の飲み過ぎによる二日酔い予防を目的としてオルニチンを摂取しても、直接的な効果は期待できないということです。

 

二日酔い予防だけではなく、健康になるために服用しましょう

もちろんオルニチンは、アンモニア分解を促しエネルギー生成を助けます。
そうして肝臓が、同時にいくつも仕事をする負担を減らすことは可能です。
このように、間接的にアルコール分解を助ける効果は期待できます。

 

肝臓への負担として、アルコールは自身の心がけで減らすことは可能です。
しかしアンモニアは、食事をする以上減らすことは難しいと考えられます。

 

大切な肝臓機能を継続的に補助するという意味では、オルニチンは非常に有効です。
それであると同時に、重要な成分だと言えます。

 

これまでは「肝機能に効果あり」と書いていれば、効果も知らずに試していたと思います。
今後は自分にとって必要な成分をしっかりと理解し、状況に合わせて賢く使い分けるようにしましょう。

 

オルニチンサプリ

>>成分と効果を考慮したオルニチンサプリの詳細はこちら<<

みんな勘違いしてる?オルニチンがアンモニアに働く、その効果とは記事一覧

<オルニチン, 不足,成長ホルモン>

オルニチンの若さを保つ意外な効果!成長ホルモンとの関係オルニチンは成長ホルモンの分泌を促すこともわかっています。成長ホルモンは子供が成長するときに必要なものというイメージがあります。しかし実は、大人になってからも様々な機能を維持するために必要なホルモンなのです。成長ホルモンは骨、筋肉、毛髪などに影響...

オルニチン, 肝臓,二日酔い

オルニチンで代謝が良くなる?TVなどでよく耳にするオルニチンは、いったい何に効くのでしょうか?簡単に言うと、オルニチンは「肝臓の働きを助けてくれるアミノ酸」のことです。肝臓は主に、代謝エネルギーの貯蔵解毒作用の3つの働きがあります。肝臓の代謝機能とは食事でとった栄養は、そのままの形では利用できません...

オルニチン,脂肪肝

脂肪肝とオルニチンの関係性肝臓は体内に入ってくる糖やたんぱく質、脂肪などを分解します。そうすることによって、体内で利用できるように変換し蓄えるという働きをします。これらは身体を動かすエネルギーとして使われます。しかし脂肪分を多く摂りすぎると、中性脂肪となって肝臓に蓄積されてしまいます。その結果、脂肪...

オルニチン, 中性脂肪

オルニチンの効果、あなたは説明できますか?「シジミ○○個分のオルニチン!」なんていうキャッチコピー、よく聞きますよね。なんとなく中性脂肪に効くだとかお酒を飲む前に取るといいとか、ざっくりと「健康にいい」とイメージはできてもその効果を的確に説明するのは難しいのではないでしょうか。というのも我々が受け取...