肝臓と疲労回復に良いのはどっち?オルニチンとウコンの効果の違いを検証

MENU

オルニチンとウコンの違い!肝臓と疲労回復に良いのはどっち?

オルニチンとウコンのどちらが肝臓に効果があるのか

オルニチン,ウコン,違い

二日酔いになった時に効くものと言ったら、ウコンを思い浮かべる人が多いと思います。
実際には、ウコンが二日酔いに効くという科学的根拠がない事になっています。
しかし効果が全くないわけではありません。

 

ウコンにはアルコールの分解を遅くしてくれる働きがあります。
しかし肝機能を強化したり、二日酔い防止をしてくれる効果はないのです。

 

オルニチンと比較してみると、科学的根拠が証明されているのがオルニチンです。
肝機能を改善する効果があり、このため二日酔いから守ってくれます。
アルコールによって弱った肝臓に効果的に働いてくれますので、肝組織の細胞死を防いでくれます。

 

ウコン・・・肝機能を守ってくれる

オルニチン・・・解毒機能を助けてくれる

二日酔いの時には、オルニチンとウコン両方を一緒に摂取する事が一番です。

 

疲労回復効果の違い

オルニチン,ウコン,違い

ウコンによる疲労回復とは

ウコンは疲労回復にも効果的です。
ウコンには、クルクミンという物質が含まれているからです。
クルクミンは体内で抗酸化物質になり、体内の酸化を防ぐ働きがあります。
疲労を改善する時に、肝臓の機能を落とさずに促進するため疲れ知らずの身体になれます。
クルクミンには解毒作用もあるため、身体に溜まった疲れを外に排出する作用もあります。

オルニチンの疲労回復とは

オルニチンはアンモニアの分解を助ける働きがあります。
疲労はアンモニアが蓄積する事によって起こると考えられています。
このためオルニチンを摂取すると、肝機能を回復させるため疲労も摂れるようになるのです。

 

このように比較すると、どちらが良いという事はなく、両方とも疲労に対する取り方が異なっているだけです。このために、どちらを摂取しても効果はあると言えるでしょう。

 

ウコンとオルニチンの、その他の効果を比較

オルニチン,ウコン,違い

ウコンの効果

ウコンは抗酸化効果も高いため、免疫力を高めてくれます。
胆汁の分泌量を増やしてくれるため、結果としてコレステロールも下げてくれる作用があります。
これにより、生活習慣病を予防出来ます。
また含まれている成分のクルクミンは、肌の老化予防に効果があります。

オルニチンの効果

オルニチンは成長ホルモンの分泌を助けるため、筋肉を強くしてくれます。
筋肉が強くなると脂肪燃焼効果があり、痩せやすい体質を作る事が出来ます。
また基礎代謝も上がり、ダイエットに繋がります。
更に肌の老化防止等にもなり、見た目から変える事が可能です。

 

オルニチンとウコンのどちらにもあるのが、肌を綺麗にしてくれる作用を持っている事です。
それに加えてオルニチンはダイエット効果があり、ウコンは生活習慣病の防止効果があるため必要に応じて摂取すると良いでしょう。

 

オルニチンサプリ

>>成分と効果を考慮したオルニチンサプリの詳細はこちら<<

【知らないと損をする!肝臓を助けるオルニチンの正体とは】関連記事

オルニチン,シトルリン,違い

肝機能の回復にはオルニチン?シトルリン?飲み会などが続くと、肝臓に大きな負荷がかかります。それが続くと、次第に肝臓の機能は低下してきます。肝臓の機能低下は気が付かないことも多いので注意が必要です。下手をすると知らず知らずのうちに肝臓の病気が進行していることも。そのため、少しでも早めに肝機能の回復を図...

オルニチン,ウコン,違い

オルニチンとウコンのどちらが肝臓に効果があるのか二日酔いになった時に効くものと言ったら、ウコンを思い浮かべる人が多いと思います。実際には、ウコンが二日酔いに効くという科学的根拠がない事になっています。しかし効果が全くないわけではありません。ウコンにはアルコールの分解を遅くしてくれる働きがあります。し...