知らないと損をする!肝臓を助けるオルニチンとタウリンとの比較検証

MENU

肝臓を助けるオルニチンとタウリンはどこが違う?

最近よく聞くオルニチンの正体とは?

オルニチン,タウリン,違い

最近はオルニチンの名前を耳にすることが多くなってきました。
ウコンやタウリンと並んで、肝臓に良い成分として知られています。
でも、オルニチンの正体を知っている方は少ないのではないでしょうか。
ここで一度、オルニチンにはどういう効果があるかをしっかりと理解しておきましょう。

 

まず初めにその正体についてご説明します。
私たちの体内においてアミノ酸の多くは、互いに結合しタンパク質となって機能します。
しかしオルニチンは、アミノ酸のままで機能を発揮する遊離アミノ酸と呼ばれる物質です。

 

肝臓は、毒となるアンモニアを尿に変換します。
こうすることで、解毒をするといった機能があります。
このアンモニアの分解過程において、オルニチンが必須になるのです。

 

オルニチンを体外から摂取

アンモニアの分解機能を促進

肝臓の機能を助ける

といったサイクルが出来上がります。
またアンモニアは、脳や生命活動に必要なエネルギーの生成を妨げます。
そのアンモニアの分解を促すことで間接的に疲労回復を促進する効果もあります。

 

肝臓に良いと聞くタウリンの役割とは

 

オルニチン,タウリン,違い

 

では、肝臓に良いとされるタウリンとの違いはは何なのでしょうか?

 

タウリンの肝臓への働きとは

 

タウリンは肝臓での胆汁の生成を促進する働きがあります。
胆汁は食物の消化吸収を助ける重要な成分です。
胆汁生成を促進するタウリンは、胆汁を作る肝臓の働きをサポートする作用があります。

 

タウリンの胆汁生成サポート力により、コレステロールの分解を促すといわれています。
その結果、脂肪肝の予防やアルコール分解を助けることで二日酔い予防に効果があります。

 

この様に、一口に「肝臓に良い」と言っても、オルニチンとは期待する効果が異なることが分かります。
オルニチンは解毒促進により肝機能を改善するとともに、疲労回復を促す効果も期待できるため、活用の幅は広いと言えます。

 

オルニチンとタウリンで肝機能向上効果を高めよう

オルニチン,タウリン,違い

 

オルニチンは、普段私たちが食べている食品にも含まれています。
中でもシジミやエノキタケに多く含まれていることが分かっています。

 

特に貝類であるシジミは、アラニンやタウリンも多く含まれています。

そのため効率的に、肝機能向上を促す成分を摂取できると言えます。

 

サプリメントはオルニチンの成分を効率的に摂取できます

オルニチンはタンパク質を構成する他のアミノ酸と違い、食品での相対的な含有量自体は多くありません。
一定量以上を摂取するためには、やはりサプリメントなどを活用する必要があります。

 

また効率的に摂取するタイミングはアルコール摂取直後です。
解毒を促し、就寝直前に摂取することで疲労回復を促すことができます。

 

オルニチンは、日常的・計画的に摂取を生活に取り入れましょう。
肝臓機能の回復のみならず、全身の疲労回復も期待できます。
状況と場面に応じて摂取する食品とサプリメントを使い分け、賢く効果を活用するようにしましょう。

 

オルニチンサプリ

>>成分と効果を考慮したオルニチンサプリの詳細はこちら<<

肝臓を助けるオルニチンとタウリンはどこが違う?記事一覧

オルニチン,シトルリン,違い

肝機能の回復にはオルニチン?シトルリン?飲み会などが続くと、肝臓に大きな負荷がかかります。それが続くと、次第に肝臓の機能は低下してきます。肝臓の機能低下は気が付かないことも多いので注意が必要です。下手をすると知らず知らずのうちに肝臓の病気が進行していることも。そのため、少しでも早めに肝機能の回復を図...

オルニチン,ウコン,違い

オルニチンとウコンのどちらが肝臓に効果があるのか二日酔いになった時に効くものと言ったら、ウコンを思い浮かべる人が多いと思います。実際には、ウコンが二日酔いに効くという科学的根拠がない事になっています。しかし効果が全くないわけではありません。ウコンにはアルコールの分解を遅くしてくれる働きがあります。し...