その胃痛もしかして肝臓の痛みかも?オルニチンで身体を元気にする方法

MENU

胃痛で悩んでいませんか?オルニチンが体調回復に良く効きます。

胃痛の原因は肝臓が弱っているから

オルニチン,部位,胃痛

若い頃と違って、飲んだ後はちょっと胃痛がしたり回復が遅かったりしませんか。
また健康診断で肝臓の数値が悪かったという方、本当にそのまま放置して大丈夫でしょうか。

 

肝臓は沈黙の臓器と言われています。
その数値が現れた時に初めて気付くというほど自覚症状がありません。
つまり肝臓の数値が悪かった時に、すぐに何か対策を練らなければいけないのです。

 

すぐに病院に行くことはもちろん大事ですが、肝臓が元気になる成分を早急に取り始めることも必要かもしれません。

 

それは何かというと、オルニチンという成分です。
オルニチンは、体内を駆け巡っているアミノ酸の一種です。
ほとんどのアミノ酸はたんぱく質の中に存在するのですが、このオルニチンという成分はアミノ酸の形のまま体を駆け巡っているのです。

 

アンモニアを解毒する肝臓を回復させることが先決です

オルニチン,部位,胃痛

では、このオルニチンはどんな働きをするのでしょうか。
簡単にいうと肝臓の機能を高めてくれる働きがあります。

 

肝臓は体内の毒を、解毒してくれる作用があります。その毒とはアンモニアです。
肝臓が元気に機能していれば、そのアンモニアは尿素として排出されます。

 

肝臓を痛めたり胃痛を起こしているようなストレスフルの生活習慣

アルコールを摂りすぎている日々を過ごしている

といった人は、肝臓の機能が弱ってしまい解毒する機能が落ちてしまうのです。

 

オルニチンをこの肝臓に働きかけることによって、アンモニアを無毒の尿素に変換することができるのです。これをオルニチンサイクル(オルニチン回路または尿路回路)と呼んでいます。

 

このサイクルが活発化することにより疲労の回復を促進したり、また普段感じる疲労を抑えて元気に過ごすことができるようになるのです。

 

オルニチンを摂って元気な胃を取り戻そう!

オルニチン,部位,胃痛

またアルコールだけではなく、普段の運動でもアンモニアが発生します。
階段を登ってぐったりしたり、ストレスで胃痛を感じながら駅から家まで歩いてヘトヘトになったりしませんか?

 

こんな時こそオルニチンの出番です。
運動後のアンモニアの急上昇をオルニチンで抑えることができるのです。

 

では、この成分はどんな食品に含まれているのでしょうか。
それは以下のような食材です。

  • シジミ
  • ヒラメ
  • チーズ
  • えのき茸

これらをいつものメニューに加えて食べてみましょう。

 

これらで効果を感じることができるなら大丈夫ですが、もしも効果を感じないならサプリメントを摂ってみるのも良いかもしれません。毎日疲れていては、日々の生活が辛い気持ちになってしまうかもしれません。
そんなみなさんが元気に過ごすために、オルニチンを摂って肝臓を元気にさせてみてはいかがでしょうか。

 

オルニチンサプリ

>>成分と効果を考慮したオルニチンサプリの詳細はこちら<<

【オルニチンで肝臓を大切にしよう!オルニチン回路(尿路回路)の働きとは?】関連記事

オルニチン,部位,胃痛

胃痛の原因は肝臓が弱っているから若い頃と違って、飲んだ後はちょっと胃痛がしたり回復が遅かったりしませんか。また健康診断で肝臓の数値が悪かったという方、本当にそのまま放置して大丈夫でしょうか。肝臓は沈黙の臓器と言われています。その数値が現れた時に初めて気付くというほど自覚症状がありません。つまり肝臓の...

オルニチン,肌女性ホルモン

オルニチンには女性ホルモンを整える効果があるオルニチンはアミノ酸の一種です。二日酔いや疲労回復に効果があると言われているもので、本来体内で合成できるものです。一方で肝臓は、有害物質を解毒栄養素を代謝する役割を担っている臓器です。疲労が蓄積することによってその機能を低下させます。肝臓がその機能を果たす...