オルニチンの成分を含む食材であるえのきを使う調理のポイントとは

MENU

オルニチンを含む食材はしじみだけじゃない!えのきを使ったレシピ

えのきだけを鍋に入れてオルニチンを補給!

オルニチン,食材,えのき

オルニチンが含まれる食材には、えのきだけが挙げられます。
だいたいえのきだけ100グラムあたりで12mg程度のオルニチンが摂取できるでしょう。しかし人間が1日に必要なオルニチンの摂取量は400mg~1000mgとされているので、かなりの量を食べる必要が出てきます。

 

冬であれば鍋料理のほかにもシーズンを通してスープに入れたりベーコンで巻いたり小松菜と和えるなどして、たくさんえのきを食べたいものです。小さくカットして食べることで、より栄養価が高まり体内への吸収も良くなるでしょう。

 

同時にサプリメントを摂取することで、一日に必要な摂取量を補給することができます。

  • 肝臓が疲れているとき
  • 疲労回復したいとき
  • 朝の目覚めが悪いとき

などには、こうした食品やサプリメントで肝臓の働きを活性化させて健康な生活を取り戻しましょう。

 

オルニチンがたくさん含まれている”しじみ”と”えのき”を一緒に食べよう

オルニチン,食材,えのき

オルニチンが最も多く含まれているとされている食品は、しじみです。

えのきだけ・・・100グラムあたり12mg

しじみ・・・100gあたり約15mg

の量が含まれています。

 

貝の個数にしてみると、1日に35個くらい食べると良い計算になるでしょう。しじみは味噌汁やおすましなどに使うことが多い食品ですが、やはりたくさん摂取しなければ一日に必要な摂取量には足りません。
そこでほかにオルニチンを含む食材と一緒に料理することで、多くの量を補給することができます。

しじみとえのきの調理例

鍋料理の際に、えのきとしじみの両方を入れるなどの工夫をしてみましょう。鍋やスープ類は成分が出たお汁も一緒に飲むことができるので、栄養を無駄にせずに取り込めるというメリットもあります。

パスタ

そのほかにもしじみとえのきを一緒に使えるレシピとして、パスタに使うのも良いでしょう。

 

肝臓機能が低下すると多くのリスクがある

オルニチン,食材,えのき

健康診断で、肝機能の数値が低下している方は要注意です。
よく使われる言葉ですが、肝臓は「沈黙の臓器」と言われています。
多少数値が低下していたとしても、明確な症状が感じられないことがあります。

 

肝臓に関する疾患としては、

  • 肝がん
  • 肝硬変
  • 肝炎

など多くありますが、実は疲労の原因となっていることもあります。

 

肝臓はアルコール分解機能の他にも、

血液をきれいにする解毒作用

炭水化物やタンパク質をエネルギーに変える代謝機能

など重要なはたらきをしています。しかし前述の通り、肝機能が低下していたとしても肝臓が痛くなるわけでもなく、自覚するのには時間がかかります。

 

機能低下を防ぐにはお酒を減らしたり、オルニチンの含まれる食品で肝機能を強化する必要があります。
どうしてもお酒を飲まなければいけない時は、貝類や手軽に用意できるチーズやナッツなど、おつまみにもしっかり気を配ることが大事です。

 

オルニチンサプリ

>>成分と効果を考慮したオルニチンサプリの詳細はこちら<<

【オルニチン成分を多く含むのはやはりしじみ】関連記事

オルニチン,食材,えのき

えのきだけを鍋に入れてオルニチンを補給!オルニチンが含まれる食材には、えのきだけが挙げられます。だいたいえのきだけ100グラムあたりで12mg程度のオルニチンが摂取できるでしょう。しかし人間が1日に必要なオルニチンの摂取量は400mg~1000mgとされているので、かなりの量を食べる必要が出てきます...

オルニチン,チーズ,肝臓

朝食でも摂取できるオルニチン。チーズトーストでオルニチン補給を!えのきなどの食材のほかに、意外な食材にもオルニチンが含まれています。朝食に食べることが多い食パンには、100グラムあたり約0.5mgのオルニチンが含まれているのです。またチーズにもオルニチンが含まれており、100グラムあたり約0.7~8...