しじみに含まれるオルニチンの成分は何ミリグラム?二日酔い対策におすすめ

MENU

オルニチン成分を多く含む食材はやはりしじみ

しじみでオルニチンを摂って肝臓を助けよう

オルニチン,食材,しじみ

オルニチンはアミノ酸の一種で、人間の体の主に肝臓でその効果を発揮します。
その作用は食べたものを消化する過程で発生するアンモニアを分解し、疲れた肝臓が正常に機能するよう助けてくれることです。

 

体内にアンモニアが増えると体を動かすためのエネルギーを作ることが出来なくなってしまいます。
アンモニアが効率良く分解されれば、肝臓でのエネルギー産生を正常にすることができます。
その結果、疲労回復の効果も期待できるとともに二日酔いの不快感を軽減させます。

 

オルニチンは誰もが体内に持っている成分ですが、飲酒、暴飲暴食などで消費されていくものです。
そのため、日頃から意識して摂取していくのが理想と言えます。

 

摂取方法は食材から、もしくはサプリメントからというのが一般的ですが、成分を多く含む食材と言えばやはりしじみでしょう。

 

オルニチンは十分に摂取するのが難しい

オルニチン,食材,しじみ

しじみは100gあたりオルニチンを10~15mg含んでいます。
味噌汁などに入れると成分を残さず摂取できるのでおすすめです。
しかし一日に必要なオルニチンの摂取量は500~1000mgです。
仮に500mg摂取しようとすると個数にして実に1500個で、これを毎日食べることは困難です。

 

オルニチンはしじみの他に、

  • えのきだけ
  • マグロ
  • チーズ
  • ヒラメ

などに含まれています。
えのきだけやチーズはいろいろな料理に利用出来ます。しじみだけに頼らずこれらの食材を上手く組み合わせて調理すれば、効率良く美味しく摂取できます。

 

しかし、やはり体の必要量に対して食材に含まれる量が少なくバランスが悪いため、摂取量に限界があるのが問題点です。手軽に必要量を補うためにはサプリメントを上手に利用するのが良いでしょう。

 

日頃からオルニチンを摂取しておこう

オルニチン,食材,しじみ

オルニチンはもともと体内で合成される成分であり、多く摂っても重大な副作用はないと考えられます。
しかし、まれに腹痛や下痢を起こすことがあります。

 

これは他のアミノ酸を大量に摂った際にも見られる症状です。
サプリメントから摂取する際は、用法用量を守りましょう。

 

日頃、飲酒や宴会の機会が多い方は肝臓が疲れている可能性があります。
肝臓は沈黙の臓器と言って、よほど病状が進行しない限り症状が表にあらわれません。
健康診断を定期的に受けることはもちろん、休肝日を作るなどして生活習慣を見直すことも大切です。

 

そして、しじみなどの食材やサプリメントから意識してオルニチンを摂取することで、自分で自分の肝臓を守りましょう。飲酒の翌日も二日酔いに悩まされることなく、生き生きとした生活を送れるようになるでしょう。

 

オルニチンサプリ

>>成分と効果を考慮したオルニチンサプリの詳細はこちら<<

【オルニチン成分を多く含むのはやはりしじみ】関連記事

オルニチン,食材,えのき

えのきだけを鍋に入れてオルニチンを補給!オルニチンが含まれる食材には、えのきだけが挙げられます。だいたいえのきだけ100グラムあたりで12mg程度のオルニチンが摂取できるでしょう。しかし人間が1日に必要なオルニチンの摂取量は400mg~1000mgとされているので、かなりの量を食べる必要が出てきます...

オルニチン,チーズ,肝臓

朝食でも摂取できるオルニチン。チーズトーストでオルニチン補給を!えのきなどの食材のほかに、意外な食材にもオルニチンが含まれています。朝食に食べることが多い食パンには、100グラムあたり約0.5mgのオルニチンが含まれているのです。またチーズにもオルニチンが含まれており、100グラムあたり約0.7~8...